在庫処分のような福袋は嫌です

私は数年前にはトゥモローランドの福袋が欲しくて、ヤフーオークションで落札して、定価の2倍以上の値段を出して手にしていました。私が住んでいるところではトゥモローランドは福袋を販売しないので、東京のトゥモローランドの福袋がヤフーオークションに出品されるのを待つしかなかったのです。
値段的にはかなりお得なないようになっているのですが、日頃、ショップでは見かけないような商品が入っていることがほとんどで、福袋用に用意された商品が入っているような印象を受けました。何年か続けて落札して手にしましたが、最近はトゥモローランドの福袋は落札しなくなりました。
楽天市場の中のクローカというショップの福袋も2年連続で買いましたが、最初の年はなかなかいいものが入っていて気に入ったのですが、2年目にはどうにもこうにも使えそうにないものが入っていたので、その翌年からは買うのをやめてしまいました。
福袋は日頃、自分では買わないようなものが入っているのが楽しくて、自分では選ばないような服などが入っていると着てみて、案外似合ったりして、新しい発見があったりします。そういう驚きが楽しくて福袋を買うのですが、在庫処分のように売れ残ったものを詰め込んであるような福袋はあまり買いたくないです。
アクセサリーの福袋も買ってみましたが、半分は使えそうでしたが、半分は自分では使いそうになかったので、ちょっと惜しい感じがしました。一時は福袋にかなりはまっていましたが、最近では無印良品の福袋を買ったりしているだけで、以前のようにたくさん買うことはありません。1月2日の早朝にデパートに行くのが無理なので、無印良品のようにネットで予約して抽選で買えるようなシステムがもっとあったらいいと思います。
もっと若かったら、初売りに出かけていくこともできたかもしれませんが、もう今ではそれだけのエネルギーがなくて、福袋 最新予約情報でネットで申し込みができるものを買っています。

私が買った2017年の福袋と次なる目論見

〇最近の福袋
福袋といえば何が入っているかわからない、でも内容を見たら値段よりはかなり安いというイメージがあります。最近売られている福袋としては、1000円くらいの安い福袋や、デパートなど色々なお店が集まっている所で、完全にどの店の何の商品が入っているかわからない福袋、また中身を自分で見て選べるという福袋と呼んでいいのかわからないものまであるそうです。

〇こんな福袋を買いました
私が今年のお正月に購入した福袋は、去年に引き続きサッカーのレプリカユニフォームの福袋と、ユニクロのメンズの服がたくさん入った福袋、あと1万円のノートPCの福袋でした。レプリカユニは去年買って良かったからまた同じところで購入させていただいたのですが、今年になってようやくこれがメーカーロゴの入っていない完全な模造品であることがわかり、まぁ値段は安かったから良いのですが、全部裏を向けて部屋に飾っているという寂しい状況になっています。あとユニクロは期待通り、外れなしでした。ノートPCは1万円とむちゃくちゃ安かったので買いましたが、とりあえず動いています。

〇買ってよかったこと
レプリカユニフォームは、サッカーの好きな選手たちであるネイマールや長友選手のレプリカユニが入っていて、殺風景だった部屋が明るく彩られたので良かったです。ユニクロは普通に普段着で着れているので実用性あり。ノートPCは、たしかに処理速度が遅くアプリをたくさん同時に動かすとすぐフリーズするという難点はありますが、気を付けて使えば十分使えるものだったので良い買い物だったと言えます。福袋というだけあって、特にすごい外れだったなと思うものはなかったです。

〇こんな福袋を買いたい
来年もまた何かしら福袋を買うと思いますが、今までは興味があるものや絶対使えるだろうなと思ったものを買ってきましたが、来年挑戦したいのは、まだ買った事がないような未知の分野に挑戦してみたいなと思っています。安くて良い物が入っているので、そういう事にも活かせるのではないかなと思って、今から来年の福袋2018予約が楽しみになっています。